リフォーム

オール電化へのリフォーム


オール電化の住居へのリフォームを希望する人が増えているそうです。これから住宅を新築するのではなく、今の住宅をオール電化にする、ということです。安全で快適、しかも経済的で、環境にやさしい生活の為の設備に変えていくと言うのが、最近の人気のテーマになっています。

オール電化へのリフォームの足がかりとして、まずはエコキュートの設置、そしてIHクッキングヒーターをガスコンロの代わりに導入することからはじめたらいいのではないでしょうか?

リフォームの業者によって、多少の違いがあるので、まずは、見積もりを出してもらいましょう。オール電化にしていく事は、経済的なことを考えても、そして、地球環境を考える上でもおすすめの方法です。

IHクッキングヒーターは、真夏の暑い日に料理していてもガスを使わないので熱気がこもらないし、吹きこぼれなどによる火の立ち消えの心配がないので、料理をする人にはいい点です。ガスコンロよりお手入れが簡単ですし、安全なのも嬉しい特徴です。

また、エコキュートは、ガスの給湯器よりエネルギー効率が高いですし、更には電気代が昼間の3分の1になる深夜電力を利用しますから、給湯器に使用する電気代は大幅に低減されます。エコキュートは「エコロジー」な「給湯器」から付けられたネーミングどおり、ガスや石油を使わず空気中の熱でお湯を沸かし、冷媒にフロンではなく二酸化炭素を使用しているため、環境に非常に優しいとされているのです。

オール電化へのリフォームは、確かにお金がかかります。しかし、長い目で見ればオール電化住宅にした方が、後の光熱費は削減できるのです。エコキュートを導入すれば国から補助金が出ることもありますので、オール電化へのリフォームをご検討の方は、まずは情報収集からはじめてみて下さい。

エコキュート

オール電化とエコキュート

オール電化の住宅と、エコキュートは切っても切れない間柄です。エコキュートを設置してこそ、オール電化住宅が環境にやさしく経済的にお得になるのです。

そもそも、エコキュートとは、電力会社と給湯機メーカーが共通で使用している自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機の総称です。

エコキュートは空気の熱をくみ上げることで、その熱でお湯を沸かしています。常温の空気からお湯が沸くほどの熱が得られる仕組みについてですが、これには冷媒が関係しています。冷媒とは、熱を運ぶ働きをする物質で、エコキュートでは二酸化炭素が使われています。

二酸化炭素が熱を運ぶヒートポンプの仕組みですが、まず大気中の熱を二酸化炭素が吸収します。吸収された二酸化炭素が、コンプレッサーで圧縮されると高熱になるのですが、その熱を熱交換器で水に伝え、お湯を沸かすのです。この仕組みによってエコキュートは高温のお湯を沸かしているのです。

オール電化の住宅が人気を博している中、なぜエコキュートが注目されているのは、やはり健康にやさしい点と、経済的である点につきます。

環境の面で見てみると、エコキュートは、「ノンフロン」よりも地球温暖化への影響が少なく環境に優しい二酸化炭素を使っていること、しかも工場等から排出されるものが再利用されていて高く評価されています。

光熱費の面で考えますと、エコキュートはヒートポンプによって大気の熱を利用しているため、従来の加熱式温水器の3割程度の電気でお湯を沸かせ、省エネ効果が期待できます。またエコキュート導入補助金制度という国の補助金もあります。これだけ環境にやさしく経済的なエコキュート、オール電化の住宅にするのなら設置するのがいいですね。

メリットとデメリット

オール電化のメリットとデメリット


オール電化にするには、今、火を使っているところを電気に変えるだけです。つまり、キッチンと給湯を電気にするだけ。火を使わないという安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費がかなりお安くなるという電化住宅です。

オール電化のメリットとは、まず、大幅なコストダウンにあります。オール電化にすると、光熱費の大半は給湯に使われてることになりますので、電気温水器は安い夜間電力を使うことで給湯費用が削減できるのです。

それから、電気とガスを併用しているとどちらも使用量にかかわらず基本料金を取られます。でも、電気に一本化すれば基本料金が節約できます。さらには、ガスを使わないと電気料金にオール電化割引という割引が利用できるので、お料理は是非、IHクッキングヒーターを使うようにしたいです。

逆にオール電化については、デメリットも存在します。

まず、住宅を新築するときにオール電化にしてしまえば問題ないのですが、もし、これまでガスの床暖房や浴室乾燥機を好んで使っていたような場合には使えなくなります。床暖房や浴室乾燥機にも対応した電気給湯器も発売されているのですが、とにかく値段が高いですし、なんと言ってもパワーはガスにはかないません。

また、なんかの際に急に大量の湯が必要になった場合などに湯切れになることがありえます。そして、ガス給湯器より大きい貯湯器を設置するスペースが必要になります。

こうして考えてみますと、オール電化のデメリットはそのメリットに比べると大したことはない様に思います。つまりメリットの方が大きいということですね。


<<前の5件  1 2  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。